お問い合わせ
完成イメージ図
完成イメージ図

原油随伴水処理技術導入に関する技術支援共同事業 原油生産時に排出される随伴水(高塩含有排水)の再利用で水資源を確保

水資源の少ないイラクでは原油生産用の水の確保が課題です

原油生産プロセスでは、随伴水と呼ばれる大量の油分等を含む高塩分排水が排出されます。従来は砂漠等の蒸発ポンドに処理を行わずに直接排出していましが、環境問題の観点から、禁止されることになりました。
また一方では、原油の増産に伴い、地下原油層の圧力維持を行なう必要があり、年々そのための水の注入量が増加しています。しかし、イラクでは原油生産用の水資源が不足しているため、随伴水を処理して再注入できる水処理設備が喫緊の課題となっています。
水ingはガス随伴水処理の実績があり、排水処理での多くの経験、知識、技術を有していたことから、一般財団法人 国際石油交流センター様より、技術支援事業として採択され、テーブルテストからパイロットプラント製作を経て、現地実証テストを行いました。

地下原油層にダメージを与えないように随伴水を処理することがポイント

随伴水を処理して原油層に再注入するにあたり、地下原油層にダメージを与えないような注入水とするには、油分、SSなどを高度に除去することと、細菌の増殖を如何に抑えるかがポイントでした。水ingは、多種多様な排水処理の経験・知見をフルに活かして、最適な処理プロセスを構築しました。
現地では、イラク側のパートナーである、MoO Petroleum Research & Development Centerと、South Oil Company が運転とデータ採取を行い、水ingは運転サポートとデータの解析・評価を行い、十分に機能を発揮していることを、双方で確認しました。

水ing藤沢事業所内に設置した試験設備
水ing藤沢事業所内に設置した試験設備
イラク 現地実証プラント
イラク 現地実証プラント
  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP