お問い合わせ
鴨川シーワールド

水族館を支えている水ingの水処理技術

千葉県鴨川市の東条海岸に面した場所に「生命(いのち)のぬくもりに感動し、それをとりまく環境の大切さを学ぶことのできる水族館」鴨川シーワールドがあります。
観光スポットとして、毎年多くのお客様がここを訪れ、動物たちや魚たちとのふれあいを楽しんでいます。

意外と思われるかも知れませんが、全国水族館の水処理シェアは、水ingがNo.1なのです。

大容量の水を水ingの水処理技術が支えています

ショープール用ろ過設備
ショープール用ろ過設備

シャチのパフォーマンスで人気の「オーシャンスタジアム」や人気者ベルーガ(シロイルカ)とのふれあいが楽しめる「マリンシアター」など、様々なアトラクションとプログラムを有している国内でも最大規模の水族館「鴨川シーワールド」。

水ingは、水槽容量4,800tのシャチのプールを含む海水飼育展示水槽を、最適な処理設備とメンテナンス技術で支えています。

「水ingライフサポートシステム」の導入

「水ingライフサポートシステム」は 透視度の向上は勿論のこと、動物たちや魚たちの個体差に併せた水環境を維持する、水族館水処理システムです。

動物たちや魚たちにとって最適な水環境を提供

アシカ、アザラシ用ろ過設備
アシカ、アザラシ用ろ過設備

水ingは、動物園・水族館業界の総合水処理のパイオニアとして、その知見を十分に活かし、動物たちや魚たちの生息環境を考慮した設計を心がけています。

ここ鴨川シーワールドでも、「水ingライフサポートシステム」の導入と、随時水質分析や機器類のメンテナンスを行うことで、動物たちや魚たちにとって最適な水環境を提供しています。

維持管理性に優れた高度な水処理技術

大小合わせて約60のプールや飼育展示水槽の水は海水がメインですが、温泉の様に掛け流しではなく、導水した太平洋の海水を循環ろ過して使用しています。
動物たちや魚たちの飼育展示水槽の水は、糞尿や食べカスなど水質や透視度悪化の原因となるものが多く含まれていますが「水ingライフサポートシステム」には、生物ろ過設備を中心とした様々な水処理技術が組み込まれており、きれいで明るい水質維持を可能としています。
また、維持管理の利便性やLCCを意識し、ポンプや配管・バルブなど、海水と接する部分については特殊な素材を使用しています。

耐食性樹脂を内面にライニングした海水ポンプ
耐食性樹脂を内面にライニングした海水ポンプ
海水循環ろ過設備
海水循環ろ過設備

「水ingライフサポートシステム」で、元気に暮らす仲間たち

カマイルカ (サーフスタジアム)
カマイルカ(サーフスタジアム)
バンドウイルカ (イルカの海)
バンドウイルカ (イルカの海)
コーラルフィッシュ (トロピカルアイランド)
コーラルフィッシュ(トロピカルアイランド)
カクレクマノミ (トロピカルアイランド)
カクレクマノミ(トロピカルアイランド)
  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP