お問い合わせ

川崎市は神奈川県の北東部に位置し、横浜市と東京都に隣接する人口147万人(H27.6)の政令指定都市です。
交通アクセスの良さ、商業施設の充実など利便性が高く都会的でありながら、多摩川・生田緑地など豊かな自然環境にも恵まれた ”暮らしやすいまち”として知られています。

水ingを含むJV(企業体)は、川崎市長沢浄水場の沈でん池・活性炭設備工事を請け負い、快適な暮らしに欠かせない安心で安全な水環境をお届けします。

川崎市の事業計画

川崎市では、将来の的確な需要予測に基づく給水能力の見直しと、老朽化対策および耐震性の強化を目的に、平成18年「川崎市水道事業及び工業用水道事業の再構築計画」を策定されています。
この計画は、潮見台浄水場・生田浄水場を廃止して長沢浄水場に機能集約する浄水場の統廃合、工業用水用調整池の整備、基幹施設の更新および耐震化を図るもので、2016年3月に完成しました。

安心・安全で、よりおいしい水道水を供給するために

DB(Design Build)方式による浄水場更新事業

長沢浄水場は、相模川水系(相模湖、津久井湖)の表流水を水源として、川崎市民の皆様に水道水を供給しています。
本事業「施設再構築長沢浄水場第3沈でん池・活性炭接触池設備工事」は、川崎市水道事業及び工業用水道事業の再構築計画の一つであり、 DB(Design Build)方式にて発注され、水ingを含むJV(企業体)が選定されました。

いつでも「おいしい水」をお届けする、国内最大級の活性炭注入設備

本工事において水ingは 第3沈でん池( 140,000m3/d)と、活性炭接触池 (280,000m3/d)の機械・電気設備を施工。
活性炭接触池に設置される吸引式粉末活性炭注入装置(商品名:カーボジェット)は、2系統の貯槽設備と8台の吸引撹拌機から構成される国内最大級の設備です。
また、沈でん池の掻き寄せ機には耐久性・耐震性の高いフィンチェーンを採用、傾斜版にはリサイクル可能な素材を使用するなど、長寿命化とライフサイクルコスト低減を図ります。

市民の皆様に長く愛される浄水場創りをサポート

完成時には見学者通路を設けるなど、住民の皆様に水道への興味と理解を促進し、末永く愛される浄水場創りをサポートします。

事業概要

事業名称 施設再構築長沢浄水場第3沈でん池・活性炭接触池設備工事
発注者 川崎市上下水道局
請負者 安藤・間・水ing・東鉄・銭高共同企業体
事業期間 平成25年7月~平成28年3月
施設能力 140,000m3/日(全体では280,000m3/日)
発注方式 DB(Design Build)方式

主要設備

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP