お問い合わせ

捨てる塩から、「エコ次亜」(エコサニー)を生成し、消毒剤として再利用

近年、ごみ減容化により、最終処分場に運ばれる焼却灰の割合が増え、焼却灰に起因する浸出水の塩類濃度が上がってきたことで、環境への影響が懸念される様になりました。
塩類対策として脱塩設備を導入する最終処分場も増えていますが、発生した塩類の再利用が難しく、廃棄物として場外処分を行うなどコストが掛かることが課題となっています。

水ingの「エコ次亜生成システム」は、浸出水からエコ次亜(エコサニー)を作ることでこれらの問題を解決します。

特長

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP