お問い合わせ

水ingし尿処理技術の新スタンダード、『助燃剤 + リン回収』 のハイブリッドシステム

「平成28年度 資源循環技術・システム表彰」にて、奨励賞を受賞

一般社団法人 産業環境管理協会が主催する「平成28年度 資源循環技術・システム表彰」において『奨励賞』を受賞しました。
以下リンクより、受賞のニュースリリースがご覧いただけます。

直接脱水(前脱水)型脱窒素処理方式 リン回収設備付「Pデニライトシステム」

Pデニライトシステム フロー図
フロー図

Pデニライトシステムは、当社開発によるし尿処理の根幹技術「標準脱窒素処理 = デニパック・プロセス」をベースとした、直接脱水(前脱水)型の脱窒素処理方式です。

前処理設備や膜分離設備を設けないシンプルなフローながら、膜分離処理方式と同等の効果が得られる合理性が最大の特長です。リン回収はもちろん、脱水汚泥は助燃剤(含水率70%以下)として環境省の交付金に適合します。既存施設への導入も可能です。

※リン回収設備のない「デニライトシステム®」もございます。

3つのライト「Light」で継続的な安定性を提供します

直接脱水(前脱水)設備により汚濁負荷を削減・平滑化させることで、機器・水槽の小型化と設置点数削減ができ、3つのライト「Light」をもたらします。

コストがライト!

当社従来システムと比較試算例
 建設費 : 14%削減
 補修費 : 18%削減
 電気代 : 28%削減

運転がライト!

生物処理への汚濁負荷と変動が軽くなり、運転が安定します。また放流水質は性能指針の基準を満たし、膜処理方式と同等レベルの水質が得られます。

地球にライト!

効率的でコンパクトなシステムはCO2を削除し、地球に優しい施設を実現します。

■電気使用量の削減
 機器の設置点数を減らし、更に小型化することで電気使用量を削減できます。

■輸送燃料を削減
 含水率を70%以下にして脱水汚泥量を減らし、外部搬出に使用する輸送燃料が削減できます。

■汚泥の助燃剤化
 脱水汚泥は助燃剤として利用でき、ゴミ焼却施設で使用する化石燃料を削減できます。

■リン回収
 取り出したリン成分(MAP)は窒素とマグネシウムを含み、良質な肥料として利用できます。

導入事例

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP