お問い合わせ

独立した濃縮機構と軸スライド機構により、安定した低含水率運転が可能

特徴

1. 独立した濃縮機構と、運転中任意にスクリュー軸の位置が調整可能な独自の軸スライド機構により、汚泥性状や目標ケーキ含水率に応じた運転を行うことが可能です。

2. 軸スライド機構によりケーキ排出口が可変するため、し渣等を投入した混合脱水も可能です(汚泥中の繊維質が多いほど含水率は低下します)。

3. 濃縮機構が独立しているため2段薬注(後添加)が可能であり、低含水率化に適した構造です。

4. ケーキ排出口が可変することでケーキ目詰まりを防止し、また運転終了時や不良ケーキを短時間で排出できます。

導入事例

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP