お問い合わせ
奄美市 平田浄水場

青い海と豊かな自然に囲まれた、ここ奄美大島に、2018年7月 新たな浄水場が誕生

高濁度対応・省エネ・長寿命の特長を併せ持つ「浸漬式膜ろ過装置(PVDF製膜)」にリニューアル

急速ろ過から膜ろ過に処理方式を変更し、計画最大給水量 12,200m3/日の施設をDB(Design Build)方式により更新整備する事業です。

原水濁度1,000度でも、安定した水を供給

昨今の環境変化に伴うゲリラ豪雨など、高濁度時の対応は今後避けては通れない課題の一つです。奄美市 平田浄水場でも 平成22年の奄美豪雨の際、高濁度が長期間続くという状況を経験され、対策は必須とされました。
高濁度に強い 水ingの「浸漬式膜ろ過装置(PVDF製膜)」が、豪雨等の1,000度を超える高濁度発生時も、安全な水質と安定した給水を確保します。

"無動力ろ過" と "強さ"で、LCCを低減

浸漬式膜ろ過装置(PVDF製膜)は ろ過に必要な圧力が低いため、送水ポンプなどの補機類を稼動せず、水位差を利用した無動力でのろ過が可能です。
また装置に使用されているPVDF製膜は、従来の膜と比較して 中空糸一本当たりの物理的強度が20倍と強靭なうえ、薬品洗浄にも強いことから、膜の閉塞からの回復性に優れています。これにより、膜の交換周期を延すことが可能となり、LCCの低減を実現します。

機電一体で低LCCな浄水場の建設を実現

水処理メーカーである水ingが代表企業としてJV全体をまとめ、機械設備と電気設備を一手に担うことで、運転管理がし易く、低LCCな浄水場の建設を実現します。

事業概要

事業名 平田浄水場更新事業
発注者 奄美市上下水道部水道課
請負者 水ing・NJS・村上・グリーンテック・浜田・川口・吉田平田浄水場特定建設工事共同企業体
事業期間 平成26年8月~平成30年7月まで
計画1日最大給水量 12,200m3/日
事業方式 DB(Design Build)方式

主要設備

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 水ingAM株式会社
  • 水ingエンジニアリング株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP