お問い合わせ
北上バイオガスパワー(岩手県)

下水消化ガスを活用して、『再生可能エネルギーの有効利用』と『下水道経営の安定化』を実現します。

概要

当社は、民間の資金とノウハウを活用した民設民営方式により、下水処理工程で汚泥を分解した際に発生する消化ガス(メタンガス)を有効活用して、発電事業を行っています。
本事業は、下水処理場内に自己資金で発電設備を建設し、地方公共団体等から購入する消化ガスを燃料として発電を行い、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」を利用して電力会社に売電するものです。

特長:3つのキーワード

 1.PPP(公民連携)事業

   本件は、民設民営方式によるPPP事業です。地方公共団体は、資金調達、資産保有、資産の維持管理等は不要である一方で、
  消化ガス売却代金、事業用地の賃料等の収入があります。

 2.再生可能エネルギーによる発電

   地域密着型のエネルギー源である消化ガスの有効活用により、化石燃料やCO2の削減に貢献します。

 3.当社が蓄積するノウハウを活用

   下水処理との密接な連携を必要とする工程が多くあり、総合水事業会社として当社が保有する汚泥ソリューション技術や、
  長年に亘り培ってきたノウハウが随所に活用されています。

実績

NO. 施設名(建設中※)/発注者 発電容量 年間発電量(*)
1 鶴岡バイオガスパワー      (山形県鶴岡市) 300kW 約2,000,000kWh(一般家庭 約560世帯分)
2 守谷バイオガスパワー      (茨城県守谷市) 175kW 約1,400,000 kWh(一般家庭 約300世帯分)
3 北上バイオガスパワー      (岩手県) 350kW 約2,500,000kWh(一般家庭 約700世帯分)
4 浜黒崎バイオガスパワー※      (富山県富山市) 875kW 約6,400,000 kWh(一般家庭約1,800世帯分)
5 恵庭バイオガスパワー※      (北海道恵庭市:契約協議中) 450kW 約3,000,000kWh(一般家庭 約840世帯分)
6 金沢臨海バイオガスパワー※      (石川県金沢市:契約協議中) 360kW 約2,700,000 kWh(一般家庭750世帯分)

                                           (*)算出根拠は各地域による。

導入事例

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 水ingAM株式会社
  • 水ingエンジニアリング株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP