お問い合わせ

資源循環型社会の実現を目指して、汚泥を助燃剤化

紫波町は岩手県盛岡市の南部に位置し、公民連携で地域活性を図る「オガールプロジェクト」が地方創生モデルとして全国的に注目されています。
紫波、稗貫衛生処理組合の処理施設の老朽化と、同組合の解散に対応するために紫波町が汚泥再生処理センターを
計画しました。

DBO方式による紫波町 汚泥再生処理センター

当社が1957年に納めたし尿処理施設1号機から、長年積み重ねてきた豊富な建設実績と、1977年に始めた維持管理業務の知見を結集し、本施設の設計(Design)、建設(Build)、運営(Operate)を一括して行います。
全国300箇所以上の維持管理拠点と、3,000人以上の人材を有する当社の経験と実績を活かし、安定かつ安全な維持管理・運営を15年間継続します。

シンプルフローのバリュースラッジシステム

助燃剤化実績NO.1の軸摺動式スクリュープレス脱水機で、し尿等を直接脱水し含水率70%以下の助燃剤として場外搬出します。
脱水分離液は希釈水を加え下水道に放流します。
このバリュースラッジシステムは、これまで別々に処理していたし渣をまとめて脱水できるため、前処理設備が不要となりました。

紫波町について

歴史の町としても知られており、古くは縄文時代からの遺跡、旧跡が有り、本建設現場からも奥州藤原氏と関連すると思われる遺跡が出土しました。
また、フルーツの町として知られりんご、ぶどう、洋なしの栽培が盛んです。

フルーツの栽培が盛ん
遺跡からの出土品

主要設備

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 水ingAM株式会社
  • 水ingエンジニアリング株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP