お問い合わせ

IoTを活用することで、薬品の注入量や再生・洗浄回数の最適化 を実現。

特長

ランニングコスト低減

1.水ing独自のICTサービス【SWN】を活用することで、運転の最適化や保守点検タイミングを通知します。

2.センサーを設置することにより運転状況を把握することができます。また、装置スペースがコンパクトになります。



SaiForce-I  イオン交換式高効率純水製造設備(2B3T)

・樹脂の状態をモニタリングし再生頻度を最適化することにより薬品使用量最大35%削減します。
・最適な樹脂の交換頻度を管理し、使用できる樹脂を無駄にしません。

SaiForce-R  RO方式 高効率純水製造設備

・膜の状態をモニタリングし洗浄頻度を最適化。膜の長寿命化や、洗浄頻度の低減を実現します。
・常に一定処理水量を確保するための流量を自動調整します。

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 水ingAM株式会社
  • 水ingエンジニアリング株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP