お問い合わせ

 水ingグループの水ingエンジニアリング株式会社(社長:池口学、住所:東京都港区)はこのたび、大分県由布市より汚泥再生処理センター整備工事を受注しました。

 本工事は環境省交付金事業の一環として、汚泥再生処理センターを整備するものです。資源化設備については、運営コストの最適化と維持管理業務の効率化を図るため、汚泥の助燃剤化を可能とする「バリュースラッジシステム®
*」が採用される予定です。
 水ingグループは、これからも地域の環境インフラ持続のために貢献して参ります。

【概 要】

工 事 名 由布市汚泥再生処理センター整備工事
発 注 者 由布市
請 負 者 水ingエンジニアリング株式会社
契 約 日 2020年10月5日
契 約 金 額 18億3,000万円(税抜)
入 札 方 式 条件付き一般競争入札
工 事 場 所 大分県由布市挾間町鬼崎719番地
工 事 内 容 整備工事一式
施 設 規 模 77kL/日
工 事 期 間 2020年10月6日~2023年3月31日

*バリュースラッジシステム®

軸摺動式スクリュープレス脱水機を使用した低含水率脱水システム。
これまで別々に処理する必要があった、し渣分をまとめて脱水することが可能になり、前処理設備と前脱水設備を一元化した。
また、脱水が困難とされてきた余剰汚泥など繊維質の少ない汚泥には、当社開発の高分子凝集剤(エバグロースU-700シリーズ)を添加することで、70%以下の低含水率化を実現する。

お問い合わせは、広報部まで
TEL:03-6830-9075
E-mail:pr.news@swing-w.com

PAGE TOP

PAGE TOP